持続可能な森林経営演習の群馬県見学が村上研ブログにアップされました!

尾瀬ぷらり館での環境教育展示ブース。右側:村上先生
尾瀬ぷらり館での環境教育展示ブース。右側:村上先生

村上先生が中心となっている「村上研ブログ」に持続可能な森林経営演習の群馬県への見学がアップされました!
見学先がコンパクトにまとめられていますよ~。また、色彩がキレイな写真を是非見てみてくださいね!

群馬に行ってきました@村上研ブログ

群馬は空の色が透き通るようなブルー!新潟とは異なる森林を楽しみました♪
群馬は空の色が透き通るようなブルー!新潟とは異なる森林を楽しみました♪

箕口秀夫 教授がBSN「Nスタ新潟」に出演しました!(6/26(木)18:20~)

miguchi in India最近、新潟県内で多数目撃されているツキノワグマについて、箕口教授がニュース番組でコメントしました。「ブナの実の豊作・凶作とクマ出没の関係」や「クマと人間との間にディフェンスラインを設けることが大事」とのこと。
箕口教授は、毎年テレビ出演されていますので、是非夕方のニュース番組をチェックしてくださいね!

[番組名]Nスタ新潟 「クマ出没が過去最多 被害を防ぐ“地域の知恵”」
[放送日]2014626()1820分頃~

Nスタ新潟
http://www.ohbsn.com/tv/programs/nsta/

新潟県HPキノワグマによる人身被害を防ぐために


昔は砂丘だった!?海岸林(砂防林)の管理を考える@育林系実習

江戸時代後期まで、新潟市の海岸は、砂丘だったと知っていますか?そこに、新潟奉行の「川村修就」が3万本のマツを植栽して砂防林を完成させたんですよ!(詳しくは新潟県HPへ)

下層植生を除去しているマツ林(西海岸公園内)
下層植生を除去しているマツ林(西海岸公園内)

 

植栽直後のマツ
植栽直後のマツ

海岸の森林は、街を守るために人手をかけて維持されています。
地域によっては、マツ以外の樹木がたくさん成長しており、どのように管理していくのか、課題になっています。「マツ」以外を全て除去するというのも選択肢の一つですが、病気(マツ枯れ)によって枯れるマツが増える可能性があります。
そこで、高く成長する可能性がある常緑樹(シロダモ、タブノキなど)を残して刈り払いました。

P4287861
マツ以外の樹木が成長しているマツ林(西海岸公園内) 今回の作業地です。
P4287856
樹種を判別しながら、低木を伐採中。

学生への課題は、海岸マツ林の管理方針を個人で考えること。まだ正解がない分野なので、どんな方針が提案されるのか楽しみです!

新潟市、浜浦コミュニティ協議会など、除伐についてご指導ご協力いただきました!
新潟市、浜浦コミュニティ協議会など、除伐についてご指導ご協力いただきました!

多角形の角度を正確に測る@森林測量学実習

森林コース3年生の森林測量学実習では、「大学の森(大学内の緑地)」にて多角形の角度をセオドライト(トランシット)で測定します。

IMG_0904
水平・高低の角度と距離を測ることで、正確な平面図を描くことができるんですよ。(もっと精度が必要な場合は、高低差はレベル測量します。)

器械のネジを操作して、測点の真上に水平に設置!
器械のネジを操作して、測点の真上に水平に設置!

今回の結果では、閉合比 1/1000~1/5,000の精度が得られました!もっと大まかな測量で良いときは、次に学ぶコンパス測量を使用します。


「木をスキなことが大事!」ワクワクする森林見学!@持続可能な森林経営演習

森林コース3年生の「持続可能な森林経営演習」にて、大学から約2時間の村上市(旧:山北町)へ行ってきました。
なぜそんな遠くまで?と思うかもしれませんが、昔から現在まで林業が盛んな地域だから見学先にはピッタリなんです!

小田さん(左側)、右側は村上先生

林業を経営されている小田さんの森林を見学させていただきました。小田さんの林業歴はなんと56年間!
今でも所有している森林は、ほとんど自分で管理していると聞いて、驚きました。(「にいがた「緑」の百年物語」にも参加されており、子どもの見学・体験受け入れも実施されています。)

小田さんの所有林。細いスギは天然絞り丸太用に樹下植栽されたそうです。
小田さんの所有林。細いスギは天然絞り丸太用に樹下植栽されたそうです。

絞り丸太。床の間の床柱などに使用されます。
小田さんのお話を聞いて、時代の流れと木材価格の下落や住宅構造の変化、昔ながらの家の良さなど、林業の変化をしみじみと感じました。
「昔は木を無駄に使用してはいけない、と思われていたが、今は適度に木を使用しないと森林が駄目になってしまう。」
自分が楽しみたい、やりたい!気持ちやとにかく「木がスキ!」なことが第一条件」という言葉は、ぐっときました。

小田さん作の木工品。中には、貴重な千年杉を使った品も!
小田さん作の木工品。中には、貴重な千年杉を使った品も!

小田さんは、木工も実施されているんですよ~。始めたのは60歳から!
木工品は、同じ大きさでも種類によって3~5倍ほど値段が違うけれど、その木材の価値を説明すると、価値の高い(値段の高い)ものを購入する方が多いとのこと。

手作りの展望台。4m近くあり、眺めはバツグンです!
IMG_2645
展望台から眺めた風景。思っているより、高く感じます!

最後に、小田さんの森林見学は、すっごくワクワクして楽しかったです!森林が好きな方だからこそ魅力がどんどん伝わってきて、自分も楽しくなります。

小田さんありがとうございました!