ブナ林の環境調査in佐渡@育林系実習

佐渡での育林系実習を紹介しますよ。今回は、「金北山ブナ林の群落形態と環境要因の調査」です。

金北山の頂上からの国仲平野を撮影
金北山の頂上からの国仲平野を撮影
山頂の神社で記念撮影!
山頂の神社で記念撮影!

金北山は佐渡で一番高い山です。天気がよく、国仲平野が綺麗に見えました!

人物とブナの傾きがものすごく違います!
人物とブナの傾きがものすごく違います!

 

折れ曲がってから萌芽しているブナ
折れ曲がってから萌芽しているブナ

タイプの違う4つのブナ林をグループごとに調査しました。樹形が独特なブナ林や根曲がりが激しいブナ林などなど、どこも個性的。

植物を図鑑で判別中~。
植物を図鑑で判別中~。

 

調査結果と土壌タイプの検討結果を発表!
調査結果と土壌タイプの検討結果を発表!

演習林では、新潟市でも実施していた「植生・土壌調査」をスギ人工林にて実施。以前の記事は「森林の土壌を解析する!」からどうぞ。


農学部フォーラム「食料生産と環境をまもるためのヒトと自然のキャッチボール」を12月13日(土)に開催!

今年の農学部フォーラムは、生産環境科学科担当です!テーマは「食料生産と環境をまもるためのヒトと自然のキャッチボール」、入場無料、事前申し込み不要ですので、是非、ご参加くださいね!

決定している講演者は、下記の4名です。
・権田 豊 准教授(防災)
・望月 翔太 助教(鳥獣害)
・坂田 寧代 准教授(農村計画)
・大橋 慎太郎 助教(ローカルエネルギー)
フォーラム講演者
日時:2014年12月13日(土)
会場:新潟大学 中央図書館 ライブラリーホール

概要:これまでヒトは自然に働きかけて、時には自然を収奪して生命を維持してきました。しかし、地球規模の気象変動や自然環境の劣化が、これまでのヒトと 自然の関係を改めるようにシグナルを発しています。本課題は、動物、植物、土、水、構造物などヒトが生活する場を俯瞰し、これまでの収奪的な食料生産スタイルからヒトと自然が真に調和するかを考えます。


森口先生の「日本農学進歩賞」受賞が決定しました!

森口喜成先生の「日本農学進歩賞」受賞が決定しました!
「日本農学進歩賞」とは、「人類と多様な生態系が永続的に共生するための基盤である農林水産業およびその関連産業の発展に資するために、農学の進歩に顕著な貢献をした者を顕彰する。(公益財団法人 農学会HPから引用)」ものです。

研究業績課題は、「無花粉スギの育種年限の短縮にむけた分子遺伝学的研究」です。授賞式と受賞講演会が11月28日(金)午後1時から東京大学農学部弥生講堂でありますので、是非ご参加くださいね。

森口先生おめでとうございます!

ブログ記事:『無花粉スギ』 を顕微鏡で観察してみよう!

IMG_4039
無花粉スギの花粉を顕微鏡で確認(オープンキャンパス2014)
IMG_4022
無花粉スギの展示ブース(オープンキャンパス2014)

卒論中間発表会を開催!卒業研究の一区切り。

生産環境科学科2014年卒業論文中間発表会を開催しました。野生動物やGIS、非破壊検査や農業基盤に関する内容など色んなテーマで発表されました。
IMG_5058 PA071171
中間発表では、これまでの取り組みへの振り返りや最終目的の卒業研究完成に向けた今後の計画などを考えるきっかけになったと思います。卒業研究の取りまとめまで、後4ヶ月!4年生の皆さんこれからも頑張りましょう!!

開会と閉会の挨拶は、コース主任・副主任が担当です。
開会と閉会の挨拶は、コース主任・副主任が担当です。
たくさんのご参加ありがとうございました!
たくさんのご参加ありがとうございました!

卒論中間発表会を10月7日、8日に開催します!

PA094264
昨年の中間発表会の様子(会場は新潟大学図書館のライブラリーホールです)

4年生は卒業研究に取り組み始めてから、6ヶ月。生産環境科学科では学科全体で中間発表会を開催します。

多種多様な卒業研究に取り組んでいますので、在校生の方は是非見に来てくださいね~。(今回は、一般公開しておりませんが、2月の最終発表会はどなたでもご参加いただけます!)

今年の4年生が取り組んでいるテーマは、下記の通りです。

【森林環境学コース】

  • 航空機LiDARデータを利用した広葉樹林内のギャップの可視化
  • 時空列空中写真を用いた松くい虫被害発生位置変遷の把握
  • ニセアカシア開花期に撮影したデジタル空中写真を用いた単木スケールの樹種分類
  • デジタル空中写真を用いた海岸クロマツ林の密度推定
  • UAVが撮影したステレオペア画像を用いたブナの樹高推定
  • イノシシの分布情報と捕獲履歴を用いた優先管理区域の抽出
  • 陸生鳥類を指標とした生物多様性の動態評価
  • 新潟市海岸林における林内と林縁部の鳥類群集の違いとその要因
  • 二十日石伝承の雪氷学的研究と農林業における意義の考察
  • スギ雄性不稔遺伝子ms-4が座乗する連鎖群の特定
  • 海岸クロマツ林内に分布するシロダモの花粉流動の解明
  • ナラ枯れ発生に伴う林分構造の変化が鳥類群集に与える影響
  • 多雪地冷温帯林における野ネズミ群集の立体的生息場所選択
  • クマ剥ぎ被害の発生要因と無被害木の特徴
  • 多雪地帯へのシカ分布域拡大が森林生態系に与える影響
  • 実験条件下におけるチョウセンシマリスの繁殖成績の向上
  • 福島潟で越冬するコハクチョウの食性
  • 越後平野における大型水禽類オオヒシクイの好適採餌適地の抽出
  • 福島潟内におけるオオヒシクイの餌資源再生に関する研究
  • 高頻度に踏圧を受けたブナ林における土壌表層の特徴
  • マツ枯れ進行中の海岸クロマツ林内に植栽された常緑広葉樹の活着に及ぼす環境条件
  • 棚田ビオトープにおける環境の時空間的変動について
  • 積雪寒冷地域及び中山間地における地域資源を利活用した施設園芸
  • 地形的変化からみた大規模地すべりの発生周期
  • 誘導型小型魚計測用魚カウンターの計数精度および自動計数手法の検討
  • 上ノ沢第1号砂防堰堤における土砂流出調節機能について
  • Step-Poolの変形・破壊が流砂過程に与える影響
  • 隣接するメッシュ間の相互作用を考慮した流域スケールの斜面安定解析手法の検討

【農業工学コース】

 

 

  • 近赤外分光法によるレタスのカリウム含有量の非破壊測定
  • 画像処理による農産食品への異物混入の非破壊検出
  • CO2施用による微細藻類の大量培養 に関する研究
  • 地域資源を利活用した施設園芸における熱の多段階利用
  • 地域資源活用に係る排出量取引制度の事例研究
  • 新潟国家戦略特区におけるスマート農業の適用可能性に係る調査研究
  • 適正農業規範が農薬の使用法と生産者の健康に与える影響
  • 田んぼダムの土砂流出抑制機能に関する基礎的研究
  • 配水槽式自然圧パイプライン技術確立
  • 放射性セシウムが水稲栽培に与える影響
  • 水田からの放射性セシウム流出に関する研究
  • 弾性波検出と画像解析による管路の水理特性評価に関する研究
  • AEパラメータ解析による植物の水ストレス評価に関する研究
  • AE-SiGMA解析による酸化マグネシウム改良土の割裂破壊挙動評価
  • 中越地震後10年間の小千谷市東山地区の集落運営
  • 小千谷市東山地区で始まった里山子育てひろばの可能性
  • 中越地震後の養鯉経営の規模拡大と養鯉池の安全管理
  • 国川地すべりの発生機構
  • The relationship between snowfall characteristics and climate factors in Niigata
  • 西川および新川水系の水田用排水路網における魚類の戦略的保全計画の提案
  • 土のキャピラリーバリア機能を利用した持続可能な節水かんがい農業の開発
  • 植生斜面における降雨の浸潤特性とウォーターハーベスティングの技術的可能性に関する研究
  • 土のキャピラリーバリア機能を利用した盛土形式の廃棄物処理施設の提案