研究に役立つGPSを体験してみよう!@森林測量学実習

GPSはカーナビ、スマートフォンなど、日常的に使われていますね。今回は、野生動物調査などに使用しているハンドヘルドGPSを体験してみました。
IMG_9663GPSでは、緯度、経度、標高を知ることができたり、位置を記録できます。スマートフォンと比べると重く、大きいですがバッテリーの持ちが違いますよ~。
IMG_9672グループごとに好きなところに杭を置いて、GPSデータから違うグループの杭を探します!
IMG_9671GPSを知って、卒業研究などで上手く活用していってくださいね。


ブナ天然林の特徴を学ぼう!@育林系実習

山形県小国町のブナ天然林「温身平」にて、地形の違いによる樹木を学びました。なんと!大学から2時間半で行けちゃう天然林なんですよ~。
DSC_01956月中旬でしたが、まだ残雪が!
DSC_0224残雪を見ながら、地形と樹木の特徴を学びます。
DSC_0239葉っぱの付き方が同じ「サワグルミ」「ヤチダモ」「キハダ」の違いを覚えます!
DSC_0256温身平の樹木は、大きい!30mの高さの樹木もたくさん。学生と見比べて、木の大きさがわかるでしょうか?
DSC_0342ここからは、恒例の森林調査。樹木の種類、位置、高さ、太さを測定。
DSC_0386大きい樹は、ブルーメライス(角度と距離)で測ります。

MyPhoto201507012317_0002
大きな葉っぱと一緒に!(箕口先生撮影)

ブナの葉っぱは、雪の多いところでは大きいんですよ~。帰りながら誰が一番大きな葉っぱを探せるか競争です!

育林系実習は、次回から中田先生にバトンタッチ!


住宅建築ではかかせないプレカット工場を見学!@持続可能な森林経営演習

新潟県村上市にある「さんぽくプレカット」を見学させていただきました!
IMG_9538プレカット」とは、住宅を作る際に必要となる木材加工を機械で行うことです。住宅を建てる際に、かなりの割合でプレカットした木材が使用されています。
IMG_9541機械でプレカットした木材です。こちらを何種類も組み合わせて、住宅が完成します。
IMG_9543 IMG_9552さんぽくプレカットでは、金物を組み合わせたプレカットも!通常ですと、在来工法(木材のみ)のどちらかしか加工できない工場が多いのですが、こちらは両方実施することできます。また、難しくてなかなか引き受けてもらえない加工も行っているそうです!

お忙しいところ、見学にご対応いただき、ありがとうございました!


砂防施設の見学@環境砂防学

環境砂防学の一環として飯豊山系砂防事務所管内の砂防施設を見学してきました.

DSC00188

梅花皮沢第1号砂防堰堤右岸側の温見平の看板前で記念撮影.山にはまだ残雪が残っていました.

DSC00191

梅花皮沢第1号砂防堰堤.羽越水害の際に発生した崩壊地から川へ流れこむ土砂を調節するために建設されました.

DSC00194

この堰堤には,魚が上・下流間を行き来できるように魚道が設置されています.例年は,魚道内で魚が泳いでいるのを観察できるのですが,今年は魚道の出口(上流側の入口)が土砂で埋まっていて,魚道内に水が流れていませんでした.砂防堰堤に設置する魚道は,維持管理が難しいです.

DSC00220

梅花皮沢第1号砂防堰堤の下流にある頭首工.ここでは発電用の水を取水しています.右岸側に魚道が設置されていますが,少し水量が多すぎるように感じました.この頭首工の上流側にも土砂が随分たまっていました.取水口が埋まらないように定期的に河床を掘削しているようです.

河川は水や土砂の移動の場であるだけでなく,生物の生息空間にもなっています.水の利用や土砂災害の防止をはかりつつ,河川の生態系を保全することが求められていますが,両者のバランスを取るのはなかなか難しそうです.


DSC00218

お昼休憩中に川で遊ぶ学生の皆さん.水がひんやりと気持ちよかったですね.

 


地図をつくる!平板測量@測量学実習

平板測量は、板の上に白紙を置いて、縮図した地図を位置を描いていく測量方法です。
P6094196アリダードという道具を使って、前後の方向を見定めます!
P6094198測点が決まったら、マチ針で印。今回は、多角形を製図しました。
コツをつかむのがちょっと難しいですが、何度もくり返すことで手順を覚えていきますよ~。