災害を防ぐ!多様な防災施設を見学!@防災系実習

2年生の防災系実習にて、阿賀町、西会津町へ砂防・地すべり施設の見学に行ってきました。対応していただいたのは、国土交通省 北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所の皆様です。
p8263092 p8263095 p8263096阿賀町にて、集落を土石流災害から守るための砂防堰堤2箇所を見学しました。1箇所は工事中の堰堤を見学することができました。堰堤をつくる場所の決め方など、丁寧にご説明いただきました。
p8263119西会津町の地すべり対策施設の排水トンネルです。地すべりの原因となる地下水位を取り除くことで地すべりを抑える工法です。こちらには、全長2.1kmにもなるとても大きな「滝坂地すべり」があり、その対策です。
p8263120トンネル内は、夏でもひんやりとしていて涼しかったです。
p8263129ボーリングから地下水がどんどん出てきているのがわかります。
p8263143排水トンネルの工事現場です。24時間体制で1日4mずつトンネルを掘り進めているとのことでした。機械はすごい迫力です!
p8263158今回、生産環境科学科の卒業生の岸君も案内してくれました!在学生に今の仕事の魅力・やりがいなどを語ってくれました。

国土交通省 北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所の皆様、お忙しいところ見学にご対応いただき、ありがとうございました!


佐渡の河川で砂防ダム設計を考える!@防災系実習

2年生向けの「防災系実習」では、山地河川の砂防ダム設計を考えるために現地調査を佐渡で実施しました。担当は権田先生!
p8243033権田先生が渓流の特徴について、解説。
p8232983河川の高低差をコンパスで測量。
p8232989川の断面の傾斜をポールで測定。
p8232998渓流近くには、大きな石がごろごろしていました。測量結果から図面を作成、後日、グループごとに発表です。
p82430653日目の夕方、宿舎前の海岸で。夕日がとってもキレイでした!