農学入門(1年生向け)にて流域環境学プログラム総合討論を行いました!

今年度の新入生から新しいカリキュラムが始まりました。その中の講義「農学入門」にて流域環境学プログラムの総合討論を実施しました!
モデレーターは紙谷先生です!
質問の多かった流域環境学プログラムとフィールド科学人材育成プログラムの違いについて、関島先生が解説。
やっぱり気になる卒業後の進路は、代表的な分野と卒業生を紹介。
流域環境学プログラムでは、フィールド活動もたくさん!こちらは、吉川先生が設計した農業しやすく崩れにくい棚田。
様々な研究に関する質問があり、先生方がそれぞれ回答しました。
今回の授業で流域環境学プログラムについて、イメージが変わったと思います。新入生向けのプログラム紹介も実施予定ですので、皆さんのご参加をお待ちしてます!


「森づくりのセミプロ」を目指そう!@育林系演習及び実習

「森づくりのセミプロ」を目指す「育林系演習及び実習」(森林環境学コース3年生対象)では、毎週いろんなところに出掛けて実習しますよ。
第1~2回は、マツ林の森林管理を考えます!

担当は中田先生です!

西海岸公園にて、野鳥の調査を継続している「野鳥の森」も見学しました!環境省からの許可を得て、生息している野鳥の記録を実施しています。


角度を測ってみよう!@測量学実習

4月6日から2017年度の授業がスタートしました!今年から4ターム制の科目も始まり、変化が多い1年になりそうです。

生産環境科学科の必修科目の測量学実習では、1回目の天気は残念ながら雨・・・
そこで、室内で角測量を行いました。
単測法、3倍角を測りました。手順を覚えるまでは、なかなか大変ですね。
農学部中庭の桜も満開になりました!