いっぱしのフォレスターになる!@育林系実習

森林環境学コース3年生向けの育林系実習では、林業の課題となっている「間伐」を考えるため、スギ人工林へ。
担当は、箕口先生、森口先生です。
樹木の位置を把握するために、メジャーを使って座標を測定。
森林コースでは定番のグループワークです。
黄色の棒は、樹木の高さを棒と比較して測る道具です。最大12mまで伸びるんですよ。

次回は、調査結果からグループごとに間伐計画を考えます!