紙谷教授が美人林で実施している調査が新潟日報に掲載されました!

2014612日発行の新潟日報に「美人林の枯れ枝深刻・十日町松之山 人気エリア4割で確認」が掲載されました。
文中には、紙谷智彦 教授が2013年に実施してきた調査から美人林の今後の管理について、コメントされています。
美人林は、新潟県十日町にあるブナの2次林です。

ブナ2次林の「美人林」。観光名所としても有名です!
ブナ2次林の「美人林」。観光名所としても有名です!
紙谷智彦 教授。 (海岸マツ林内にて撮影)
紙谷智彦 教授。
(海岸マツ林内にて撮影)

記事には掲載されていませんが、美人林の調査は、村上拓彦 准教授も関わっているんですよ~。林内の森林座標を測定したり、空中写真を用いて林の高さを測ったり。調査の様子は、下記を見てくださいね。

IMGP4723
美人林の空中写真撮影の様子
GPS測量とトランシット測量の様子

新潟日報もあ電子版 HP
「美人林の枯れ枝深刻・十日町松之山 人気エリア4割で確認」
URL:http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20140612117602.html
(記事を見るには、新潟日報への会員登録が必要となります。)


スギ人工林の間伐計画を考える@育林系実習

今回は、スギ人工林の間伐計画を考えます。スギ林は、木材生産のために育てている森林です。今だけでなく、将来も含めてどんな森林経営を行いたいのか、グループごとに検討しました。
IMG_1113
新潟市曽和にある新潟県森林組合連合会の木材市場です。木材も魚などと同じように競りで売られてるんですよ~。
木材市場では、どんな木材が売れているのか、などを見学しました。

手入れによって、値段が変動。良いモノはすぐに売れていくそうです。
手入れによって、値段が変動。良いモノはすぐに売れていくそうです。

現地では、間伐するスギに目印を付けて確認します(現地に樹木を見てみると思っていた内容と違うこともときどきあるため)。
IMG_1129
最後は、調査地を見ながらグループごとに間伐計画を発表です。地形や樹木の特徴が少しずつ異なるので、計画もグループごとの特徴が出ていましたよ~。
IMG_1137IMG_1154
次回は、多雪地に多いスギの不成績造林地で実習しますよ~。
IMG_1229


学生から:映画「WOOD JOB!」の感想

こんにちは、広報担当のbunaです。
生産環境科学科の学生から映画「WOOD JOB!」について感想をいただきましたので、ご紹介します。
=============================「WOOD JOB!」の矢口監督には生産環境科学科の壮大なイメージビデオを作って頂けたと勝手ながら感じております。
実習地で電波が無いなどの生還あるあるには鑑賞中,共感してばかりでした。
正直な話をしますと,生産環境科学科を受験するに当たって高校3年生の私は,この学科でどのような事を学ぶのかをよく理解してはおりませんでした。本作品は,生産環境科学科に興味のある方々に学科のイメージを持ってもらうためにこれ以上ない絶好の作品だといえます。

映画という影響力を持った媒体で林業の今を世間に伝えて頂ける機会が生まれましたことを,生産環境科学科の学生一個人として大変嬉しく思います。


箕口秀夫 教授がUX新潟テレビ21「スーパーJにいがた」に出演しました!(6/12(木)18:25~)

箕口秀夫教授新潟県内で多数目撃されているツキノワグマについて、原因と対策について箕口教授がニュース番組でコメントしました。クマが襲ってきたときの急所を守る姿勢を、実演されていたのは、驚きました!
もちろん、「クマと出会わないようにすることが大切」です。「スーパーJにいがた」HPに撮影時の写真も掲載されていましたので、是非ご覧下さいね!

[番組名]スーパーJにいがた 「人里に現れるクマ もし出会ってしまったら」
[放送日]2014年6月12日(木)18時25分頃~

スーパーJにいがた
http://uxtv.jp/bangumi/super-j/

新潟県HP:ツキノワグマによる人身被害を防ぐために


学生から:全国林業後継者大会と映画「WOOD JOB」のリアルな感想

こんにちは、広報担当のbunaです。
生産環境科学科の大学院生から「全国林業後継者大会:トークセッション」、映画「WOOD JOB」について感想をいただきましたので、ご紹介します。
=============================
全国林業後継者大会_トークセッション大学院自然科学研究科のDです!

5月31日の全国林業後継者大会@アオーレ長岡で行われた箕口教授と矢口監督のトークセッションを観覧させていただきました!

トークは野外でのトイレの話などの下ネタ気味なものから、林業や農業の担い手問題など考えさせられる内容まで、林業を主軸として幅広く展開していきました。
え・や・み 口

箕口教授、矢口監督、NAMARAの江口さん(司会)のトークはお三方とも口がつくだけあって非常にテンポが良く、笑いもまじめな話もあって、とても充実した時間でした!
また、映画「WOOD JOB」の裏話もあり、事前に映画を見た私はトークセッションをより楽しむことができました!

映画「WOOD JOB」は林業の過酷さと素晴らしさのどちらも描かれており、生産環境科学科で4年間林業を学んできた私にとって共感できるシーンがたくさんありました。

生産環境科学科で良かったー!!!!と改めて思いました!

この映画で、生産環境科学科を希望する受験生が増えることに期待したいですね!
では、またの機会に

さようなら!!(三重弁で長澤まさみに言ってもらいたい!)