映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」の矢口史靖監督と箕口教授がトークセッション!全国植樹祭にいがた2014、全国林業後継者大会に出展しました!

5月31日の第43回全国林業後継者大会、6月1日全国植樹祭にいがた2014(サテライト会場)に出展しました。会場はアオーレ長岡(ナカドマ)。

 

みんなで「WOOD JOB」ポーズ!
みんなで「WOOD JOB」ポーズ!

林業後継者大会は「全国の森林・林業の担い手が集い、後継者の確保・定着に向けて魅力ある林業の姿を情報発信する行事」です。(主催:全国林業研究グループ連絡協議会、新潟県林業研究会連絡協議会、新潟県)

IMG_1530

トークセッションでは、映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」の矢口史靖監督と生産環境科学科の箕口秀夫教授が映画や林業を話題に盛りあがりました!

映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」は、林業で働くことになった男子を描く青春映画。伐採や植栽、枝打ちなど学生実習で学んだ内容も含まれており、この学科で林業を学べて良かったと、感動しました。特に、高所の恐怖に耐えつつ登った、樹上からのシーンが素敵です。林業には大変なことも多いけれど、癒されることもたくさんあると改めて気づきました。

そして嬉しいサプライズ!なんと、生産環境科学科のブースへ矢口監督がご来場!直接お会いできると思っていなかったので、すごく嬉しかったです!

矢口監督に、学生が野生動物管理の研究について説明中。
矢口監督に、学生が野生動物管理の研究について説明中。

IMG_1479

生産環境科学科では、ポスター(野生動物管理・種子散布)・パンフレットと新潟県内で撮影した野生動物の動画、本物の種子などを展示しましたよ~。

ポスターや野生動物・植物写真も展示し、生きものと人間の共生をテーマに出展。
ポスターや野生動物・植物写真も展示し、生きものと人間の共生をテーマに出展。

来場した方からは、近年増加している野生動物(サル、シカ、クマ)に関する質問が多く、野生動物が人里に出没するようになってきた要因に「里山が利用されなくなってきたことで、人里に近いところで生息するようになり、動物と人とのつきあい方が変化していることが大きい」ことを説明すると、思わぬ野生動物と人とのつながりに驚く方が多かったです。
全国的に見てもツキノワグマの調査を実施している大学は少なく、人と自然が共生するために生産環境科学科では、研究を続けています。

IMG_1714
P5310169

会場には、林業に関連する28の団体が出展。チェンソーメーカーや林業機械から、木工品、山菜加工物まで、幅広く盛りだくさんな展示でした!

林業関連の28ブース
林業関連の28ブース

 

生産環境科学科ブースにご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
8月10日(日)、11日(月)の新潟大学オープンキャンパスでも学科紹介を行いますので、是非興味を持たれた方はご参加くださいね~。